国立市の防災マップ

2021年03月12日

こんにちは。

 

先日、東日本大震災から10年という時が経過しました。

 

「災害大国・日本」といわれるだけあり、地震、水害、台風、など

様々な災害が毎年起きているように感じます。

 

 

家を買うとき、賃貸や転勤で転居を考える時、私たちは少なからず

その土地の「災害」について考えるのではないでしょうか?

 

3.11の時、国分寺に店舗がありましたが、その時は揺れたものの、

モノが落ちる・・・。なんてことは、弊社ではなかったそうです。

 

国立市だけでなく、日本中の災害マップを調べることができるサイト

見つけたので、よかったらこちらも参考にしてみてください。

 

 

「災害に強い」とは、どういうことか?

と考えたとき

 

災害に強い土地に住む

災害に強い家に住む

だけでなく

災害に負けない情報を持ち

いざというときのための備えをしておく

 

ということでしょうか。

 

住む場所や家と同じくらい、どう備えるかと、

シュミレーションをしておくということが大切ということですよね。

 

でも、これが結構難しい・・・。

地震

 

先日、災害特集のテレビを子どもたちとみていると、

家族の避難場所をお互いに知っているつもりが、

実は分かっていなかった!

ということがわかりました。

 

これじゃ、いざというときに家族が会えないじゃん~!

もう~!

 

 

と、子どもたちにもブーブー言われながら、

再度避難場所を家族で確認したのですが、

みなさんは家族で避難場所を確認しあっていますか?

 

 

<参考にしてみてくださいね>

国立市の防災マップ

府中市の防災マップ

国分寺市の防災マップ

立川市の防災マップ

小金井市の防災マップ

 

家族

 

災害時のグッズは購入して玄関先に揃えてありますが、

もし、明日巨大地震が来るとしたら、

何を準備しておかないといけないだろうか?

と、考えさせられました。

 

 

家族の電話番号リストと・・・

 

夫婦の実家の住所も書いて・・・

 

それを、家族の人数分準備して・・・

 

あとは、家族の写真も数枚グッズの中に入れておかないと・・・。

 

 

あとはあとは?

なんて考えてると、玄関の押入れがいっぱいになりそうですが・・・。

対策

 

あと、みなさんは「171」という災害ダイヤルを試したことがありますか??

 

自宅や携帯電話の番号を電話で入力することで、

携帯電話が使えない時でも、

家族の安否確認ができるというダイアルです。

 

これをテレビで見て、私たちも早速家族会議!

登録・確認する電話番号をどれにするかを決めておきました。

 

 

「3.11」の日を迎えるたびに、毎年災害への備えを考えさせられるようになりました。

 

 

 

電話

 

今はあまり出番のなくなった公衆電話ですが、

いざというときには必要ですから、

どこにあるか?近くの公衆電話場所もここで調べられますよ!

 

もちろん!いざというときのお家の保険も、

備えとして入っておくほうがいいですよね。

 

 

/////////////////////////

/////////////////////////

 

売買物件の検索はこちらから

 

賃貸物件の検索はこちらから

 

お気軽に電話でもお問い合わせください

フリーダイアル
0120-019-050

 

スタッフ紹介はこちらから♪

 

カンタン!会員登録で物件情報収集をされたい方は

こちらか登録をどうぞ♪

 

/////////////////////////

/////////////////////////